ホーム > 製品 > BeVision M1
BeVision M1 banner

BeVision M1

連絡販売 お見積依頼
パンフレットをダウンロード

BeVision M1 は自動画像スキャン システムで、特にフィルター上の微粒子の清浄度分析に適しています。 冶金顕微鏡、プログラム可能な電動ステージ、オートフォーカス機能、高解像度CMOSを搭載したBeVision M1 は、個々の粒子を捕捉して認識し、画像を自動的につなぎ合わせて一枚の画像にすることができます。

機能と利点

  • 測定範囲:1~10000μm
  • ISO 9276-6 に準拠
  • 優れた再現性
  • 高速CCDカメラ付
  • 多機能ソフトウェアにより楽に作業完了
  • 高い位置精度を実現した自動試料ステージ
  • 粒子径と形状パラメータなど24項目を測定・計算
  • 表面清浄度測定

ビデオ

How to Install and Operate BeVision M1 Video play

What is Image Analysis? Fundamentals of BeVision Series Video stop

Overview of BeVision Series | Precision in Particle Vision Video stop

概要

1) なぜ画像解析法を使用しますか?

 

  • 手軽さ
    粒子の画像をキャプチャし、粒子を識別し、粒子径と形状を測定します。画像解析の一連の流れが簡単でわかりやすいという特徴があります。

 

  • 形状解析
    粒子を観察することで、粒子の大きさだけでなく、形状も解析することが可能です。

 

  • Seeing is believing
    画像解析では、粒子1つ1つの大きさや形状を判定し、それを合計して統計します。粒子径や形状分布の詳細を高精度に測定することができます。

 

2) なぜ静止画像解析手法を使用しますか?

 

  • 明快な視野
    静的画像分析装置では、高画質な粒子画像を得るために、精密顕微鏡と高解像度カメラの採用に力を入れています。

 

  • 微粒子への感度
    静的画像解析法は、微小粒子に感度が高く、微小粒子の大きさを推定することも可能です。

 

  • 小容量の試料も対応可能
    静的画像分析法には少量の試料で済みます。乳剤なら数滴、粉体なら数マイクログラムで測定を行えます。

 

3) スキャンモードの限界を突破するパノラマモード

 

  • スキャンモード
    BeVision M1のスキャニングモードの作業の流れは、まず画像をキャプチャし、ステージを動かしながら画像を分析し、ステージが次の位置に到達したら次の画像をキャプチャし、といった繰り返しです。
    BeVisionソフトウェアは、スキャン作業中にリアルタイムで結果を表示します。このスキャニングモードは、その効率性と信頼性により、さまざまな産業分野で好評をいただいています。

 

BeVision M1 scanning mode

 

  • 高効率で頼もしいスキャンモード 
    手作業による検査に比べ、自動スキャニング処理は試験の効率を向上させ、画像のキャプチャとステージの移動を同時に行うことで、さらに一層効率を高めることができます。高効率スキャンモードは、1回の検査で多くの粒子を分析するため、結果の統計的信頼性が高まります。

 

Efficient and reliable scanning mode

 

  • パノラマモード 
    パノラマモードは、解析に先立って別々の画像をつなぎ合わせて合成するモードである。
    パノラマ画像では、その領域内の粒子の総数や、特大の粒子であってもすべての粒子の粒子径と粒子形状を計測することが容易です。正確な粒子数は、自動車産業や製薬産業など、さまざまな産業にとって極めて重要です。

 

マクロなビジョンとミクロなディテールの組合せ 
BeVision M1が作り出すパノラマ写真は、ミリメートルレベルの領域内に分散しているすべての粒子を記録し、その形状の詳細も記録します。鮮やかなパノラマ画像により、マクロクラスの粒子を正確にカウントし、見落としのない粒子の粒子径と形状を分析するのに役立ちます。

 

BeVision M1 Panoramic Mode

 

4) 粒子径と形状:

 

  • 粒子径
    相当径:投影面積円相当径、投影周長円相当径。 
    フェレット径: 最大および最小のフェレット径、XLF (「長さ」)

    マーチン径: 最大および最小マーチン径。
    ルジャンドル楕円: 長軸と短軸

 

BeVision M1 Size parameters

 

  • 形状パラメータ
    2方向のサイズの違い:縦横比、楕円比; 
    円形さと長方形さ:円形度、不規則度、コンパクト度、広がり(extent)、かさ指数

    輪郭面:凹面、凸面、充実度; 
    細長い粒子:長短度、直線度


 BeVision M1 Shape parameters

5)  BeVisionソフトウェア:可視化された情報をお届けします

 

BeVision M1 software

 

6) 典型的な応用例:

 

BeVision M1 applications

 

厳選されたリソース

その他の資料

Related Image Analyzer

  • Bettersizer S3 Plus

    Bettersizer S3 Plus

    レーザー回折・散乱+動的画像解析式 粒子径・形状分析装置

    0.01~3,500μm(レーザー回折・散乱解析式)

    2~3,500μm(動的画像解析式)

  • BeVision D2

    BeVision D2

    動的画像解析装置

    分散方法:乾式分散

    測定範囲:30~10,000μm

    技術原理:動的画像解析

  • Bevision-S1 Classical and Versatile Static Image Analyzer

    BeVision S1

    クラシックな粒子画像分析装置

    乾式・湿式サンプル両方に対応

    測定範囲:1~3000μm

    測定原理: 静的画像解析