ホーム > 分野 > 生物製剤
Biologics banner

生物製剤

 Bettersizeは、ポリマーのサイズ、ゼータ電位、分子量などの特性について、高精度で信頼性の高い測定結果を提供する高性能な分析装置です。測定結果は、生物科学分野において、タンパク質や高分子などのポリマーの安定性や効能を評価する際に不可欠です。

 

生物学や生命科学の研究分野では、タンパク質、ポリペプチド、抗原、高分子などの高分子が注目されています。これらのポリマーのほとんどは、より細かい構成要素からできています。例えば、タンパク質はアミノ酸として知られる構成要素からできており、アミノ酸の列はペプチド結合によって三次元形状に保持され、折り畳まれています。アミノ酸の構造、表面電荷、構成要素は、タンパク質の特性、ひいてはタンパク質の効能や安定性に影響を与えます。ポリマーの多くは水系で合成され利用されるため、懸濁液の特性を調べることは生物学的研究の課題の一つです。

 

タンパク質懸濁液の重要な測定指標はゼータ電位であり、これはタンパク質の凝集の可能性を示します。ゼータ電位以外にも、粒子径と分子量が、研究中に注目されるポリマーの2つの重要な特性で あり得る。例えば、温度に敏感なタンパク質の中には、環境温度が上昇すると変性する場合があります。変性中のタンパク質の分子量と粒子径をよく観察することは、研究者が熱安定性分析を構築する際に役立ちます。

 

Bettersize社のBeNanoシリーズは、液体懸濁系におけるポリマーのゼータ電位、粒子径、分子量を高精度に測定し、生物学や 生命科学の研究開発過程をスピードアップします。

詳しく見る

厳選されたリソース

その他の資料

Related Particle Size Analyzer

  • BeNano 180 Zeta Pro

    BeNano 180 Zeta Pro

    粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置

    測定原理:動的光散乱、電気泳動光散乱、静的光散乱

  • Bettersizer 2600

    Bettersizer 2600

    レーザー回折式粒子径分析装置

    粒子径測定範囲(湿式) : 0.02 - 2,600μm

    粒子径測定範囲(乾式):0.1~2,600μm

  • BeVision M1

    BeVision M1

    自動静止画像解析装置

    分散タイプ: ドライ & ウェット

    サイズ範囲:1~10,000μm

    テクノロジー: 自動静的画像解析

  • Bevision-S1 Classical and Versatile Static Image Analyzer

    BeVision S1

    クラシックな粒子画像分析装置

    乾式・湿式サンプル両方に対応

    測定範囲:1~3000μm

    測定原理: 静的画像解析