ホーム > 製品 > BetterPyc 380
betterpyc 380 banner

BetterPyc 380

連絡販売 お見積依頼
パンフレットをダウンロード

BetterPyc380シリーズは、ガス置換法を用いて高精度の測定を簡単に行える自動ガスピクノメーターです。温度制御、圧力検知、直感的なソフトウェアにより、真密度、見かけ容積、固形分、気孔率を4桁のデータで高精度に測定します。様々な分野の研究や製造にお使いいただけるよう設計されたBetterPyc 380は、お手元の製品のあらゆる性能を引き出します。

機能と利点

  • 機能:真密度、見かけ容積、固形分、気孔率の測定
  • 高精度の測定
  • 使いやすい
  • ソフトウェア付き
  • 試料量に厳しい要件はない

ビデオ

Overview of BetterPyc 380 | Versatile Gas Pycnometer Video play

What is True Density? Fundamentals of BetterPyc 380 Video stop

What is Gas Displacement Method? How to Calculate the True Density of Materials? Video stop

How to Operate BetterPyc 380 for Volume Calibration? Video stop

How to Operate BetterPyc 380 to Measure the Solid Content? Video stop

How to Operate BetterPyc 380 to Measure the Density? Video stop

概要

1) 機能および利点

 

  •  多機能

試料のそのままで、真密度、見かけ容積、固形分、気孔率の4項目の測定が可能。

 

  •  高精度の測定

温度調節、高分解能トランスデューサー、校正済みチェンバー容積により、抜群の精度と信頼性を保証します。

 

  •  楽に操作可能

自動測定、較正、漏れ検出を行え、初めての方にもお楽にご利用いただけます。

 

  • 内蔵ソフトウェア・ソリューション 

電子天秤と接続可能で、循環恒温水槽への遠隔操作可能

 

  •  サンプル量に厳しい要件はない

1~100cm3の試料で測定に充分です。

 

2) 動作原理

本装置はガス置換法により固体試料の真密度を測定します。ヘリウムや窒素などの不活性ガスが、置換媒体として使用されます。サンプルを既知の容積の装置コンパートメントに封入し、適切な不活性ガスを導入してから、別の精密内部容積へと拡張します。この圧力変化を測定することで、試料の体積が計算できます。

 

Betterpyc Gas System

 

①    ガス予熱

ガスの予熱は精密な温度調節システムによって行われ、限られた範囲内で温度を一定に維持することで、より正確な測定が可能になります。温度調節システムは、自動ガスピクノメーター設計における重要な特徴です。

 

②   ガス置換

ガスはサンプルチャンバーに導入され、空いた空間を置き換え、サンプルの細孔に浸み込んでいきます。密閉性の高いチャンバーリッドにより、測定過程におけるガス漏れを防げます。

 

③   第一圧力平衡

圧力1は初めての平衡の後に計測されます。温度調節システムは安定したガス温度を維持し、圧力が0.005 psig/min以下になるように平衡を保ちます。高分解能トランスデューサーが、平衡化後のサンプルチャンバー内の圧力を測定します。

 

④   ガスの膨張

その後、ガスは参照チャンバー内で膨張します。2つの参照用チャンバーが内蔵されており、サンプルチャンバー内のフリースペースと一致するため、正確な測定結果が得られます。試料容器の大きさに応じて適切なチャンバーが自動的に選択されるため、正確な密度測定に最適です。

 

⑤   第二圧力平衡

圧力2は、2回目の平衡の後に計測され、ガスは大気中に排出されます。その後、測定結果が計算されます。内蔵の真空ポンプがガスを抽出し、パージ効率を向上させ、測定誤差を抑えます。

 

3) 適用分野 

BetterPyc380は、ASTMおよびISO規格に準拠し、さまざまな産業分野でご利用いただける多機能な装置です。さまざまな材料の真密度、見かけ容積、固形分、プラスチックフォームの気孔率を正確に測定することができ、関係業界における製造工程の改善や品質管理を支援します。

 

応用分野 応用例   規格   応用分野  応用例   規格
  粉末冶金
  金属の骨格密度はその特性と加工結果を決定し、金属構造物の性能は粉末骨格密度から予測することができる。
ASTM D923-22   発泡プラスチック
  プラスチックフォームの特性は、連続気泡/独立気泡の比率によって異なります。 断熱フォームは熱伝導率を低下させます
閉じた細孔にガスが閉じ込められています。 浮遊装置は、空気が満たされた閉じた細孔により浮遊します。

ASTM D6226-21

ISO 4590-2016

  顔料
  乾燥膜密度は、クリア塗料と顔料塗料のVOC含有量を測定するのに役立つ。

ASTM 6093-97

ISO 8130-2:2021

  医薬品
  製品の密度は有効成分や賦形剤の組成を決定し、コントロールする。製品の形状、純度などは、測定された密度を理論値や過去の値と比較することにより決定することができる。

USP 699

EP10 04/2019:20923

  セメント
  真密度は、セメント粉末の品質と性能を 保証するために不可欠であり、その流動性、強度、 環境へのインパクトに影響する。
T/CCAS 012    土壌
  乾燥後に沈殿物が形成されるため、土壌密度 (SG) を補正する必要があります。 より低い沈殿物
SG が低いほど結果は低くなりますが、SG が高いほど結果は高くなります。
ASTM D5550 -14
  食品
  真の密度はドライフードの一貫性と品質を確保するために非常に重要であり、加工、保存期間、栄養価に影響します。 -   か焼コークス
  か焼した石油コークスの密度は、得られる加工品の特性に影響を与えるため、コークスか焼における重要な品質仕様です。
ASTM D2638-21
  パウダーコーティング
  「総固形分含有量は、コーティングの被覆可能性を決定するのに役立ちます。乾燥顔料ブレンドは、次の方法で監視されます。」 ASTM D5965-20   耐火物
  真密度は、分類、化学的差異の特定、鉱物相または変質の解明、総気孔率の決定、および他の試験の結果の計算に役立ちます。
ASTM C604-02

 

厳選されたリソース

  • White paper
    powder density analysis whitepaper

    2023-04-25

    Powder Density Analysis: Gas Displacement, Applications, and Extended Measurements

    bigClick
  • Application Note
    plastics open cell content

    2023-04-10

    Open Cell Content Determination of Cellular Plastics by Gas Displacement Method

    bigClick
  • Application Note
    asphalt density measurement

    2023-04-07

    Density Measurement of Solid and Semi-Solid Asphalt by Automatic Helium Pycnometer

    bigClick

その他の資料

Related Powder Characteristics Analyzer