ホーム > 学ぶ・知る > のWiki > 画像解析とレーザー回折式粒度分布測定では、どのような違いがありますか?

画像解析とレーザー回折式粒度分布測定では、どのような違いがありますか?

2023-07-17WIKI

レーザー回折式粒度分布測定法により得られる測定結果は、検出器アレイに捕捉された粒子の散乱信号に基づいている。 、逆アルゴリズムが実行され、理論的な信号強度分布が計算され、それが測定されたものと比較されます。残差と呼ばれる指標は、理論的な信号強度分布と測定された信号強度分布の差を表すために使用されます。残差の値が最も小さい理論的な信号強度分布が測定結果とみなされます。 一方、画像解析によって得られる測定結果は、アルゴリズムではなく、実際の粒子投影のキャプチャ画像に基づいて計算されます。

 

 

レーザー回折式粒度分布測定では、微小な微粒子の解析に適した信号等価直径が得られますが、画像解析では面積等価直径が得られるため、特大粒子の測定が可能です。

 

 

 

        
Download-Beginner-Guide-to-Particle-Analysis 

粒子分析の概念を理解するのに苦労していませんか?当社の新しい「粒子分析入門ガイド」は、これらの概念をできるだけわかりやすく理解するのに役立ちます。PDFで ダウンロードして、電車の中や飛行機の中など、インターネットのない場所でお読みください。.

 
 

 

Rate this article

Share On

share
facebook twitter linkedin
免責事項:このコンテンツはDeepLを使用して翻訳されています。正確を期しておりますが、多少の誤差が生じる場合があります。矛盾や間違いにお気づきの場合は、お気軽にお問い合わせください。ご了承ください。